サンハートBLOGトップページへ

 

サンハートオフィシャルブログ

初めての浴衣(和裁)

 裁断から縫いあげるまでを自分自身でやってみる。ちょっとした自分への挑戦です。
 教室では、「くける」「きせをかける」など和裁ならではの用語が飛びかっています。あちらこちらで「先生」と声があがり、講師の有村先生は各人の進み具合を見ながら指導に回り、たいへんパワフルです。
 さて、あとは袖付で完成です。袖の丸みは大きいほどかわいく、小さいほどすっきりと大人っぽい印象になります。細やかなこだわりが素敵です。この浴衣にどんな帯や小物を合わせようかとうれしく思いながら、暮らしの中にとり入れたいものを、自分の手で作る喜びを感じています。

サンハートオフィシャルブログ  エントリー (RSS) and コメント (RSS).

 
COPYRIGHT © 2009 NAKAYOSHI Corporation ALL RIGHT RESERVED